Blog&column
ブログ・コラム

真空パックで日持ちする食材とメリットについて解説

query_builder 2023/12/03
コラム
58
食べ物を少しでも、長く保存するために「真空パック」にする方法があります。
ご家庭でも、真空パックにできる機械が売られていますよね。
もやしを含め真空パックにすることで、食材がどれくらい日持ちするのかご紹介します。

▼真空パックのメリット
食材を空気に触れないようにすることで、長く保存できます。
最近では驚異的な自然災害などが起こっているため、食材の長期保存が注目されています。
また、おかずや離乳食の作り置きを真空パックにするのもいいですね。

▼保存方法と日持ち期間
■肉
冷蔵庫:通常は2~3日ほどの保存期間ですが、真空パックした場合は5日間ほど保存可能です。
冷凍庫:通常は4ヵ月ほどの保存が可能ですが、真空パックした場合は約1年間ほど保存することができます。

■魚
冷蔵庫:通常は2~3日保存期間ですが、真空パックした場合は5日間ほど保存可能です。
冷凍庫:通常は6ヵ月ほど保存が可能ですが、で真空パックした場合は約2年間ほど保存することができます。

■野菜
冷蔵庫:通常は1週間ほど保存が効きますが、真空パックした場合は2~3週間ほど保存可能です。

■もやし
冷蔵庫:通常なら2~3日の保存期間となっておりますが、家庭で真空パックした場合は1週間ほどに伸ばすことができます。
冷凍庫:一般的に1ヶ月ほどの保存が可能ですが、真空パックに入れることで更に保存期間を伸ばすことができます。

■調理済みの食品
カレーなどの煮込み料理
冷蔵庫に入れることで、通常なら3日ほどの保存が可能です。
真空パックした場合は、7日ほど保存が効きます。

スープ
冷蔵庫に入れると、通常なら3日ほどの保存ができます。
真空パックした場合は7日ほど保存が効きますよ。

煮豆
冷蔵庫に入れることで通常は5日ほどの保存が可能です。
真空パックした場合は、14日ほど保存ができますよ。

■注意するポイント
真空パックを使うときは、菌が増えてしまう可能性があります。
保存袋がだんだんと膨らんできたときは要注意です。

▼まとめ
真空パックを使うことで、保存しておくと心の余裕につながります。
もやしも、真空で保存ができますよ。
真空ボックスやキャニスターを使って、鮮度を保つことができます。
みずみずしい食感のもやしを、ぜひ食べてみてください。

NEW

  • もやしの原材料について

    query_builder 2021/11/25
  • もやしに含まれている栄養素とは

    query_builder 2024/04/02
  • FFCテクノロジーとは?FFCウォーターについても紹介

    query_builder 2024/03/01
  • ご家庭で出来る真空パックの殺菌方法について解説

    query_builder 2024/02/03
  • 真空パックに向かない野菜とその理由について解説

    query_builder 2024/01/05

CATEGORY

ARCHIVE