Blog&column
ブログ・コラム

もやしの保存方法について解説

query_builder 2023/11/01
コラム
57
もやしは、製造日から2~3日以内に食べるのが、一番いいとされています。
おいしく食べられる日が少ないので、買ってきたら早めに食べきりたいですよね。
でも、うっかり消費期限を過ぎてしまうこともありますよね。
そこで、もやしの保存方法をご紹介します。

▼もやしを冷蔵庫に保存する方法
しゃきしゃきとした触感を楽しみたいときは、冷蔵庫での保管がおすすめです。
水に浸して冷蔵庫に入れるだけで、約1週間長持ちします。

①もやしを袋から出す
②容器にもやし全体が水にひたるくらいの水を入れて、冷蔵庫に入れる
③2日に1度は水を変える

栄養素が水に溶け出るので、今すぐ食べないとわかっているときは冷凍がオススメです。

▼もやしを冷凍庫に保存する方法
以下の場合は、冷凍庫で保存しましょう。
・いつ使うかを決めていない
・すぐには使う予定がない

■袋のまま冷凍庫に入れる方法
買ってきた袋のまま、冷凍庫に入れるだけです。
約1ヵ月間は保存できます。

■洗って冷凍庫に入れる方法
使いかけのもやしは、洗ってから冷凍庫に入れましょう。
以下の手順で冷凍庫に入れて下さい。

①洗ってから水気をしっかり取る
②袋に入れてから、平らにして冷凍する

■料理に使うとき
解凍するときに、自然解凍はしないでください。
べちゃっとした触感になってしまいます。
料理には、凍ったままで使いましょう。
味がしみ込みやすいので、スープや炒め物に向いています。

▼まとめ
もやしはお値段もお手頃で、いつの季節でも手に入る便利な食材です。
保存の仕方によって、触感が変わってしまう点に注意しましょう。
田中商店のもやしは、育成管理方法にこだわったしゃきしゃき食感のおいしいもやしです。
保存方法を知って毎日の食事に、もやし料理を増やしてみませんか?

NEW

  • もやしの原材料について

    query_builder 2021/11/25
  • 7大栄養素とは?ファイトケミカルについて

    query_builder 2024/05/01
  • もやしに含まれている栄養素とは

    query_builder 2024/04/02
  • FFCテクノロジーとは?FFCウォーターについても紹介

    query_builder 2024/03/01
  • ご家庭で出来る真空パックの殺菌方法について解説

    query_builder 2024/02/03

CATEGORY

ARCHIVE