Blog&column
ブログ・コラム

卸売業と物流について

query_builder 2023/05/01
コラム
51
商品は、どのような流れで消費者に届くのでしょうか。
卸売業は、商品を消費者までに届くまでの流れをつくっています。
そこで今回は、商品が届くまでの流れをご紹介します。

▼商品が届くまでの流れ
卸売業者を介した取引の全体像をまとめました。

①メーカー・生産者
メーカーや生産者が商品をつくります。
例えば、農家であれば野菜、工場であれば服を生産するなどです。

②卸売業者
卸売業者がさまざまなメーカーや生産者から商品を仕入れます。
続いて、仕入れた商品を小売業者へと販売していきます。
服専門・食材専門など扱っているジャンルにより、数多くの卸売業が存在します。

③小売業者
小売業者は、卸売業者から仕入れた商品を販売します。
主に、スーパーやコンビニなどで身近な商品を取り扱います。

④消費者
消費者が小売業者から商品を購入します。
消費者に商品が届ければ、取引終了です。

▼卸売業の物流について
物流とは、商品を運ぶ一連のプロセスのことです。
物流センターや倉庫などで、商品の保管や移動を行い、トラックで輸送する流れとなります。
物流には、6つの機能があります。
・輸送
・保管
・荷役
・包装
・流通加工
・情報
上記の6つを機能により、商品が最適な状態で届けることができます。

▼まとめ
卸売業取引の流れは、「生産者」→「卸売業」→「小売業」→「消費者」となります。
普段なにげなく購入している商品は、さまざまな過程をへてお店に並びます。
卸売業は、生産者と消費者を繋げる重要な役割を担っています。

NEW

  • もやしの原材料について

    query_builder 2021/11/25
  • 真空パックに適した袋とは?

    query_builder 2023/10/02
  • 食材の生産管理の重要性

    query_builder 2023/09/01
  • 生産管理とはどんな業務?

    query_builder 2023/08/03
  • 卸売業と商社の違いとは何か?

    query_builder 2023/07/05

CATEGORY

ARCHIVE