Blog&column
ブログ・コラム

卸売業と小売業の違い

query_builder 2023/04/02
コラム
50
「卸売業」と「小売業」は何が違うのか?
「卸売業」と「小売業」は、商品を売る相手が異なります。
この記事では、卸売業と小売業の違いについてご紹介します。

▼小売業とは?
小売業とは、消費者が商品を購入するための販売店を指します。
デパート・スーパー・コンビニなどがあります。
卸売業やから商品を仕入れるケースが多いです。

▼小売業と卸売業の違い
小売業と卸売業の違いは以下の通りです。
・卸売業…生産者などから仕入れた商品を業者に販売する
・小売業…卸売業から仕入れた商品を消費者に販売する

上記で述べたように、2つの大きな違いは、商品を売る相手になります。
つまり、卸売業が商品を売る相手は小売業者になります。
そして、小売業者が売る顧客は、一般の消費者となるのです。

▼小売業と卸売業の関係
スーパーなどの小売業にとって、商品の仕入れは大切な業務です。
小売業にとって、卸売業は大切な仕入れ先になります。
もし、卸売業を介さずに、商品の仕入れると時間とコストがかかってしまうのです。
卸売業者が、多くの生産者やメーカーから商品の在庫を抱えています。
だからこそ、その商品に対して、注文後に即時対応ができることがメリットになります。

▼まとめ
「卸売業」と「小売業」は販売する顧客が違います。
卸業者を介さずに商品の仕入れには、手間やコストがかかってしまいます。
広島広島市にある「有限会社田中商店」では、高品質のもやし生産と販売をしております。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • もやしの原材料について

    query_builder 2021/11/25
  • 7大栄養素とは?ファイトケミカルについて

    query_builder 2024/05/01
  • もやしに含まれている栄養素とは

    query_builder 2024/04/02
  • FFCテクノロジーとは?FFCウォーターについても紹介

    query_builder 2024/03/01
  • ご家庭で出来る真空パックの殺菌方法について解説

    query_builder 2024/02/03

CATEGORY

ARCHIVE