Blog&column
ブログ・コラム

活性水が野菜に役立つ理由について解説

query_builder 2022/08/01
コラム
39
活性水は、体内への水分吸収の効率化についてご存じの方もいらっしゃると思います。
そんな活性水ですが実は、野菜を取り扱う際にも効果的なのです。
今回は、活性水が野菜に及ぼす影響について解説します。

▼野菜が劣化する原因
活性水は、野菜に対して鮮度に対して効果が期待できます。
ですが、その影響を知る前に野菜がどの様な仕組みで鮮度を保ち、劣化するのかを知る必要があります。
野菜は、収穫から時間とともに鮮度が落ちるのは周知の事実です。
鮮度を落とす要因には、以下となります。

■栄養素の低下
野菜は、収穫後も呼吸を続けています。
それによって内部に蓄えられた糖分や栄養分が、表面の目に見えないほど小さな穴から常時放出されていきます。
野菜に蓄えられた糖分や栄養分は、食感や味に直結するものです。
これらが排出され続けることで、鮮度の低下につながります。
そのため、スーパーなどでは、鮮度を保つために温度管理などによって、栄養分の放出を抑制しています。
家庭内で冷蔵庫に入れる意味は、栄養分の放出を防ぐ目的です。

■水分の蒸散
野菜などは、葉の裏にある気孔から水分を蒸発させることで水分などの栄養を土壌などから吸収しています。
しかし、収穫後は蒸発させるための水分や栄養分を土壌から吸収できません。
収穫したからと言って野菜は、蒸発を止めることはなく、収穫前と同じく水分や栄養素の吸収のために水分を蒸発続けようとします。
これにより、時間経過とともに野菜内部の水分や栄養分が放出され、鮮度や色味が落ちる原因となります。

▼活性水が野菜に役立つ理由について
野菜の鮮度の低下や劣化を防ぐために活性水は、水分の蒸発を防ぐ効果が期待できます。
野菜は、その内部の水分のを蒸発により、酸化し劣化していきます。
活性水は、細胞に吸収されやすい大きさの水分子であるため、野菜自体の水分量を一定に保つことが期待できます。
具体的には定期的に活性水の入ったボウルなどに野菜をいれて水分量の吸収を促すという方法です。
これにより、家庭内でも鮮度を比較的長く保つことができます。

▼まとめ
活性水は、野菜の鮮度低下や劣化を防ぐ役割があります。
せっかく買った野菜が食べないうちに劣化してしまったというケースはよくあります。
家庭内や店舗等でも食品ロスを削減に起因する為、活性水の使用を検討してみてはいかがでしょうか。

NEW

  • もやしの原材料について

    query_builder 2021/11/25
  • 活性水が野菜に役立つ理由について解説

    query_builder 2022/08/01
  • 活性水の効果とは

    query_builder 2022/07/15
  • 活性水とは?注目されている理由を解説

    query_builder 2022/07/01
  • 食感が特徴的な食材のもやしとは

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE